障害福祉サービス

障害のある利用者さまが自宅にて、自立した日常生活や社会生活を営むことができるよう、介護福祉士などの訪問介護員(ヘルパー)が自宅を訪問してサービスの提供を行います。

居宅介護/身体介護

食事の介助

入浴の介助や清拭(体を拭く)、洗髪などを行います。

排せつの介助

排せつの介助、おむつの交換を行います。

食事の介助

食事の介助を行います。

衣類脱着の介助

その他必要な身体の介護

居宅介護/家事援助

調理

利用者さまの食事の用意を行います。(ご家族分の調理は行いません。)

住居棟の掃除・整理整頓

利用者さまの居室の掃除を行います。(利用者さまの居室以外の居室や庭等の敷地の掃除は行いません。)

衣類の洗濯・補修

利用者さまの衣類等の洗濯などを行います。(ご家族分の洗濯は行いません。)

生活必需品の買い物

利用者さまの日常生活に必要となる物品の買い物を行います。(預金、貯金の引き出しや預け入れは行いません。)

その他、関係機関への連絡など、必要な家事を行います。

同行援護

  • 視覚障害をもっておられる身体障害者や障害児のみなさんの移動時や外出先で必要な視覚的情報の支援(代筆や代読など)を行います。
  • 排せつや食事の介護など、外出の際に必要となる援助を行います。

 

サービス利用までの流れ

1.申請

利用を希望される方は、市の担当窓口に申請し、「障害支援区分」の認定を受けていただきます。

2.提出

市は、サービス利用の申請をされた方(利用者)に、「指定特定相談支援事業者」が作成する「サービス等利用計画案」の提出を求めます。

3.支給決定

市は、提出された計画案や勘案すべき事項を踏まえて、支給決定されます。
「指定特定相談支援事業者」は、支給決定された後にサービス担当者会議を開催されます。

4.利用計画の作成

サービス事業者等との連絡調整が行われ、実際に利用される「サービス等利用計画」が作成されます。

5.サービス開始

サービスの利用が始まります。