居宅介護支援サービス

介護支援専門員(ケアマネージャー)が自宅に伺い、利用者さまに最適なケアプラン(居宅サービス計画書)を作成します。

居宅サービス計画書

ケアプラン作成の流れ

1.情報提供

介護支援専門員(ケアマネージャー)が、この地域のサービス提供事業者などのサービス内容や利用料金などの情報を提供し、利用者さまのサービスの選択を求めます。

2.ケアプランの原案作成

介護支援専門員は、利用者さまやそのご家族の状況などを考慮して、利用者さまに提供されるサービスの目標、その達成時期、サービスを提供する上での留意点などを盛り込んだケアプランの原案を作成します。

3.ご提案・決定

ケアプランの原案に盛り込んだサービス等について、保険給付の対象となるか否かを区分した上で、その種類、内容、利用料等について利用者さまやご家族に対して説明して、利用者さまの同意を得た上でケアプランを決定します。